なんでもやります!

まずはまおねえちゃんの、頼もしいガッツポーズから。


リズム&ステップで身体をあたためたあと、今日は心を熱くしてみようか、とインプロのエクササイズ。

ペアの相手に「〇〇して!」といろんなお題(ムチャ振りともいう)を言ってもらいます。

それを、はいよろこんで!とやってみる、というただそれだけ。できてもできなくても、自分なりに。

ただそれだけ、なんですが、恥ずかしかったり、わかんなかったりで、ドボン!と飛び込むのは勇気のいるもの。


まずはやってみようやー!

時には「なにやってんだろう…」と思うこともあるかもしれませんが(笑)

いいんです!

いろんなことを、こだわらずに、おもしろがってやってみる。

ヘンテコな自分を、笑ってゆるす。自分をガードしない。

そんなふうに、いたいのです。


というわけで、ひとりずつ、舞台の上で!

始める前に両腕を広げ、「なんでもやります!」と宣言。


トップバッター、ソフィ。なかなかの演技派と評判。


続いて、ジェイミー。まだちょっと緊張気味…なんだけど、妹ソフィーが欠かさず合いの手を入れるという絶妙のコンビネーション。おうちでやってるのかしら…

目線の先には、ソフィーがいる。


つづいてはづき姉さん。いつも体当たりパフォーマンス。動きが速くてなかなか撮れないの(笑)



ヒロトは基本、なんでもやる。キャラクターも使い分ける。

笑顔も爽やか。


ひなこも、だいぶ緊張が取れてきた。まだちょっと、恥ずかしいケド…


トリのまおねえちゃんは、どんとこい。イヌでも、ボディービルダーでもなんでも!

間違ってるか、とか、うまくできてるか、とか、笑いが取れるか、とかよりも、

その人が「心に余裕をもって」やってるかどうかの方が、じつは重要なのだ〜。


最後は一郎さんと馬車別当の会話をやってみる!

ひと組ずつ発表して、きょうはおしまい。


こどものためのドラマスクール沖縄では、新しい仲間をいつでも募集中。

年度や月の途中からでも入会できます。

レッスンは毎週日曜日 10:10-11:50、那覇久茂地の「ゆかるひホール」にて。

体験・見学はいつでも可。

ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください♪

info@kodomo-drama.okinawa

こどものためのドラマスクール Okinawa

沖縄初 小・中学生専門の演劇教室

0コメント

  • 1000 / 1000