慣れと鮮度。

30秒足らずのシーンを何回もなんかいも、何週にも渡ってやっていると、「お芝居をすること」に当然慣れてくるわけなんですが、「慣れ」というのはよしあし両面ありまして…


さて、先週来てた2人以外は、一週空いて、ぽやんとしたオープニング。セリフどころか、まさか何するところか忘れちゃったりしてないよね!?



てなわけで、2週間前の映像を見て思い出し。

だんだん思い出してきましたかな。


さて、エンジンがかかり始めたところでウォーミングアップ。

「腹式呼吸」もだんだんわかってきたかな。


さて、いつものペアがいるところと、いないところがあるので、若干の組み直しあり。

初めての相手はちょっと緊張。


自主練。

そして早速!

今日は、実際にお菓子を使ってやってみました。無対象だとどうしても、扱いが雑になってしまったりするので、モノをつかうって実は大事です。


(同じように、ほんとは裸足なのか、ヒールなのか、草履なのか、とか、着物なのか、ジーパンなのかも大切で、それによって動き方がどうしても変わってくるので、お稽古の時から衣装に近い格好でやるのは必要なことなんです…余談ですが。)



…ほんとはもっとゴージャスなお菓子なんでしょうけどね…



さて、初めてコンビでちょっと緊張気味のとーしー&まお。しかもとーしーはいつもは「おかし食べる方」なので、なおさらです。

そこで解説タイム。

いつもは自分にとって、どんなお姉ちゃん?どんな弟?

いつもはどっちがつまみ食いしてるのかな。

「はーい!」(満場一致でとーしーが「いつもする方」)

そしたらさー、いつも「こら!」って言う方のお姉ちゃんのこんな場面見ちゃったらさー、ここぞとばかりに

「10倍返しだ!」

そういうことだ!

とたんに顔つきと声が変わる弟。しぜん、姉の「うるさい!だまれ!」にもハリが出てきます(笑)。

いいねいいねー。



さて、回数やってるおかげで慣れてきたことその1。

「撮られること」

スマホ向けられたくらいじゃ気になりません。

慣れてきたことその2。

いわゆる「ダメ出し」

…という響きがあまり好きではないので、「ダメ出し」という言葉自体は使っていないのですが…


やるたびにあれこれ注文がつくことを、マイナスじゃなく受け取れるのは、お得なこと。

…はづき、真剣。


慣れてきたことその3。

写真に写らないのが残念ですが、全員「うるさい!だまれ!」が遠慮がなくなり、板についてきました(笑)。


慣れてきたことその4。

お菓子の処理をしながら(動作をしながら)セリフを言う。これ、日常生活では考えないでさらっとやっていますが、再現しようとするとなかなかやっかいです。考えないで身体と言葉が並行して動くようになるには、少し時間がかかります。


一方で、よしあしの「あし」の方。


慣れ(惰性)でセリフを言っちゃったりすること。ほんとは細かく気持ちや息遣いが変わるはずなのに、二つのセリフをつなげちゃったり。

次に相手が何を言うかわかるので、先にそっちを見ちゃったり、気持ちや表情を先取りしちゃったり。


慣れて上手になった方がいいことと、慣れずに1回1回新鮮にやりたいことと、これ同時にやるのがなかなかね!


さあ、そんな自分の演技はどんな表情、どんな息遣いなのか。

来週じっくり鑑賞してみようじゃないか。





こどものためのドラマスクール沖縄では、新しい仲間をいつでも募集中。

年度や月の途中からでも入会できます。

レッスンは毎週日曜日 10:10-11:50、那覇久茂地の「ゆかるひホール」にて。

体験・見学はいつでも可。

ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください♪

info@kodomo-drama.okinawa

こどものためのドラマスクール Okinawa

沖縄初 小・中学生専門の演劇教室

0コメント

  • 1000 / 1000