めざせ、自由自在人。

自分がなぜえんげきを始めたのか、続けているのか、と思い返すと、やはり根っこのところにいつも「もっと自由な自分になりたい」という思いがあるようです。感情的にも、身体的にも、思考的にも。

それぞれきっかけや目標は違っても、掘り起こすとみんな結局、そこに行きつくのではないかな。もっと自由に。思い切り。


というわけで、本日も即興。「早くまた台本やりたい!」というリクエストもあるのですが、まぁまぁ焦らず。即興できたら最強だから。台本なんか、へっちゃらぴーになるから!


まずは、身体の分解。表現者たるもの、自分の身体を使いこなすべし。

リズム練習。超軽め。

続いて、足3拍子、手2拍子。けっこうハード!

むずかしー!(笑)

そして指先…1から10まで、いっこずらしで指折り数えます。

続いて言葉のウォーミングアップ!思いついた言葉をどんどんアウトプット。意外な子が、意外な言葉を知ってたりして、なかなか面白いです。


ふたりひとくみでワンワード(一言ずつリレーして文章を作る)。

お互い思ってることが通じた時は、とっても嬉しい。

グループでワンワードでお話作り。

1人では思いつかないような、奇想天外な展開になることも。


そうしてちょっとずつお芝居の方へ…立って、動いて、関わってみる。



さて、最後に2人ひと組で、ちいさな即興芝居。

マックにて。新人店員と、厄介なお客。



花屋にて。


門限に厳しい父…たまらず母親、とりなしに入る。



売れっ子の子役とマネージャー…(笑)


2回やってみて思ったこと。

やっぱり即興(インプロ)はハナシが早い。「“ちゃんと”やらなきゃ」という生真面目さと固さから、一気に「こんなんでましたけど!?」という驚きとわくわくにジャンプする。

もちろん最初は、ストーリー的には、はちゃめちゃだったりするんですが、そこで笑いながら犬かきみたいにもがいてるうちに、だんだん進み方がわかってくるはず。

夏はまだまだ。思いっきり犬かきを楽しもう。


こどものためのドラマスクール沖縄では、受講生を随時募集しています。

体験・見学をご希望の方は、お気軽にご連絡ください♪

info@kodomo-drama.okinawa

こどものためのドラマスクール Okinawa

沖縄初 小・中学生専門の演劇教室

0コメント

  • 1000 / 1000