初めてのお披露目!

2019年7月14日。14回目のレッスンにて、こどもたち、自分たちで作った小さな作品を、家族の前で発表。

軽くウォーミングアップをした後は、ひたすら各自リハーサル。

それぞれ、数十秒から1分ちょっとのショートストーリーなので、始まったらあっという間に終わってしまいます。それでも本番に向かってコンディションを整えて、その瞬間に集中する、ということには変わりません。

「本番に強くなりたい(人前で緊張しないようになりたい)」という目標をもってドラマスクールに通ってきている子もいます。そのためにも、小さくても、回数重ねることは大事ですからねー。

さて、準備はいいかな?

まずさいしょは、まお&ひなちゃんで「外郎売り」

これは創作じゃなくて古典(歌舞伎系)なので、難解な昔の言葉をたくさん覚えなくちゃいけません…

今のところまだ「覚えるのがやっと」といったところですが、まぁまぁなんとか、ふたりで乗り切りました!

おつかれさま〜(^^)よくがんばった!


さて、いよいよパントマイムのショートストーリー!

最年少+最年長コンビ、ハンナちゃんとはづき姉さん。

見えない壁に閉じ込められた少女を救出!

のこぎりで切り出して…

無事に出られてありがとう♪


ボーイズコンビ ヒロト&とーしー

道を歩いてたら、見えない壁にぶつかった。

押し合いっこのバトルが始まる!

と!壁は消えて

何事もなかったかのように歩き去る2人・・・


続いて、イチカ&ま〜ゆ〜!!

おっと椅子はどこだ

あれ?なぜ?動かない!

押しても引いても…

ねえねえ、ちょっとおかしいんだけど

どれどれ

ひょい!…お〜


トリはまお&ひ〜な〜!

やだ〜、あのひと見えない壁に阻まれてる〜(←むっちゃ説明ゼリフ)

おっと

やだ私も!?

押してみよう!

ぐぐぐぐぐぐぐ…

動かんねえ。困ったなあ…

あれ?ドアノブがある!?

やった〜、出られた!


10分ほどの発表の時間、終わりました。

ご来場のご家族の皆様、ありがとうございました!


終了後、インタビューしてみましたら、概ね「緊張した〜!」とのこと。ふっふっふ、まだまだこれからですからね〜!次の舞台をお楽しみに…(笑)

お次はセリフ、そしてゆくゆくは即興にチャレンジだ!


それにしても、ボツになったアイディアで面白いのもいろいろあったんですけどね〜、「壁にぶつかって進めずに困ってるんだけどなんかすごくふわふわでいい匂いがしてて、どうやらこの壁はカステラみたいで、困ってるんだけど、困ってるんだけど、でも我慢できなくて、食べちゃう!」とか。あれは完成品を観たかったなあ…(笑)

ほんとにおもしろいこと考える、この人たちは。


保護者の方から「他の習い事だと宿題とかありますけど、(演技のレッスンで)ふだん家で心がけることありますか」っていうご質問いただきました。


もちろんセリフは覚えてくるとか、所作だったら練習してくる、っていうのはありますけど、もし常日頃から心がけることがあるとしたら、

「好奇心を持つ」「一瞬一瞬、よく味わう」ってことかもしれません。

なんとなーく食べる、なんとなーく聞く、なんとなーく見る、じゃなくて、一瞬一瞬、好奇心を持って目の前のことに向かい合って、おもしろがれたら、どんどん世界が広がりますよね。

特別なところに行ったり、お金をかけたりしなくっても、日常を丁寧に楽しく生きる、ってことで感性は豊かになっていくんだと思います。


さて、来週からまた通常レッスン。“授業参観”もまたそのうちに。


こどものためのドラマスクール沖縄では、受講生を随時募集しています。

体験・見学をご希望の方は、お気軽にご連絡ください♪

info@kodomo-drama.okinawa


また、7月28日午後は夏の特別レッスン!1日限定講座。

『役作りにチャレンジ!』

ドラマスクール受講生じゃなくても受けられます。

詳しくはこちらをご覧ください。

こどものためのドラマスクール Okinawa

沖縄初 小・中学生専門の演劇教室

0コメント

  • 1000 / 1000