Action!

2ヶ月目に突入。

こどもの日だけど、通常レッスン。

さて、何でしょ、この雰囲気。
まさか、怒られて反省しているところ…ではありません。

今日のテーマは、「察して動く」と「無対象の動き」。

まずは、「相談せずに」提示されたお題のブツを、5秒以内にペアで、つくります。

「ナイフとフォーク」とかね。

机と椅子。

お互いに、相手を見ながら動くわけだけど、コトバで相談してないので「自分はどっちをやっているつもりか」は、あとで答え合わせするまでわかりません。


「エンピツと消しゴム」はさすがに、わかりやすいと思うけど、じゃあこれはどうだ!

「バナナとキュウリ」

さあこい!

なるほどね(笑)

こうなってくると、傍目には「どっちがどっち?」と聞きたくなるわけですが、実際聞いてみたら、どのペアもふたりの間では意思疎通できてておみごと。

で、これを8人でいろいろやってみますよ。

「8人で作る、円(まる)」「8人で作る、カタカナの“イ”」

そして冒頭のこれが「8人で作る、×(バツ)」

…そおねえ。よく見るとね(笑)


ポイント、というかお約束は「他人に指示をしない」。
口頭でも、ジェスチュアでも。

もちろん、相手の身体に触って動かすこともしない。

「自分がどうするか」それぞれの判断で動きます。

「矢印」

写真だとちょっとわかりにくいけど、このくらいになるとかなり出来上がるスピードが速くなってきています。

「なにかをしましょう」となったときに、事前に細かく確認をすることも、もちろん大切。

「あなたの言っているのは、つまりこういうことで合っていますか?」

「もしもこうなってしまった時はどうしますか?」

一方で、今ある情報だけを元に、自分で判断し、行動することが必要な場合もあります(本番中のとっさの時とかね)。

これは、やりなれてないとちょっと怖いこと。

もし違ってたらどうしよう。

それを確かめるためには、やってみるしかない、こともある。


練習の場でたくさんトライしてたくさんエラーしておけば、「今は動くべき時か」「今は待つ時か」結果的に正しく判断できる確率は、格段にあがるはず。


ま、やってるのは「みんなでつくる矢印」とかなんですけどね。


後半は、アクション=行動、動き。

朝起きてから寝るまでの間に、どんなことをやってるかなあ?

歯を磨く、顔を洗う、服を着替える、ご飯を食べる、お風呂に入る…

洗濯ものを干す、ほうきで掃く、ゲームをする、ジョギングをする…

思い出しながらできるだけたくさんやってみよう。


じゃあそのひとつひとつを、もう少し丁寧にやってみよう。


ペットボトルの水を飲む。

バッグからペンケースを取り出す。


ペットボトルの重さはどれくらい?太さは?

ペンケースはどっちの手で持つの?どの指で持つの?

なんども実際に確かめながら、お互いにアドバイス。


おうちでもやってみてね。


最後に外郎売りの続きをやって、終了。


途中、マルセルマルソーとか、他のパントマイマーの動画を見ちゃったから、「壁、かべ」とか「綱引き」にも興味が出てきちゃったみたい。

おっけー、来週ね。お楽しみにー!


こどものためのドラマスクール沖縄では、随時受講生を募集しています。

体験・見学をご希望の方は、お気軽にご連絡ください♪

info@kodomo-drama.okinawa

こどものためのドラマスクール Okinawa

沖縄初 小・中学生専門の演劇教室

0コメント

  • 1000 / 1000