なぜ、演劇を?

【演劇、という習いごと】

ピアノやバレエ、サッカーや水泳の教室に通うように、演劇教室に通う。

音楽やダンス、スポーツに比べると、演劇の「話す・動作をする」という行為は一見特殊な技能には見えません。

ですが、演じるという行為には、生きていくために必要な力の要素が満載です。

シナリオを読み解く力=思考力や、人に伝わる話し方や表現力、人前に立った時のプレゼンテーション力。

自分と異なる状況の人物について、深く考えることで養われる想像力や共感力。

グループ活動における対話力、協調性、決断力、リーダーシップ。五感をフルに使った観察力。

そしてなにより、自分の身体や意識、感情をコントロールする自律力。


演劇(Play)を通じて夢中になって充分に遊ぶこと、有機的に他者と関わることは、子どもたちの成長に大きな影響を与えます。

演劇は人生のリハーサル。

子どもたちは物語や役柄を通じて世界と向き合い、自分の人生を生き抜くための洞察力を学ぶのです。